フィリップ 四 世

フィリップ 四 世

フィリップ 四 世



フィリップ4世(フランス語: Philippe IV、1268年4月/6月 - 1314年11月29日)は、フランス王(在位:1285年 - 1314年)、およびナバラ王としてはフェリペ1世(バスク語: Filipe I.a、在位:1284年 - 1305年)。整った顔立ちのため「端麗王」(le Bel、ル・ベル)と称される 。 官僚制度の強化に努め、やがて絶対王政へとつながる中央集権化の第一歩を踏み出した。対外的には、毛織物業で栄え経済的に豊かであったフランドル地方の支配を目指し、フランドル諸都市の市民と激しく争った。ローマ教皇とも対立し、フランス国内の支持を得てアナーニ事件を起こし、最終的には教皇権を王権に従えて教皇庁をアヴィニョンに移し(アヴィニョン捕囚、または「教皇のバビロン捕囚」)、また、テンプル騎士団を異端として弾圧し、解散に追い込み、後世「教皇を憤死させた王」として一部より悪評を得ることとなった 。これらはそれぞれ、教会の徴税権に対する権益拡大と騎士団財産の没収を意味した。また、フィリップはパリ高等法院を創設して売官できるようにしたり、三部会を設置して市中からも資金を吸い上げたりした。フィリップは封建関係の頂点に立ち、国家の防衛や国益のために従来の慣習を超えて行動した 。

1268年、

1268年、

フィリップ4世 (フランス王) フィリップ4世 (フランス王)の概要 ナビゲーションに移動検索に移動フィリップ4世Philippe IVフランス国王フィリップ4世在位フランス王:1285年 – 1314年11月29日ナバラ王:1284年 – 1314年11月29日シャン...

フィリップ4世. フランスのカペー朝の国王。. 1303年アナーニ事件で教皇を憤死させ、さらに1309年からは教皇をフランスのアヴィニヨンに移した。. またテンプル騎士団を解散させるなど、王権強化に努めた。. フランス王国・カペー朝の国王(在位1285~1314年)。. 美王(ル=ベル)。. フランス絶対王政の基礎をつくった国王として重要。. 婚姻・相続によって ...

フィリップ [4世]【Philippe IV】. カペー朝末期第11代のフランス王。. 在位1285‐1314年。. 〈美男王le Bel〉とよばれる。. フィリップ3世の子。. 即位当初, フランドル と ギュイエンヌ に王権を浸透させようとして,イギリス王エドワード1世と争ったが (1294‐98),初期の目的は達成できなかった。. この戦争による多額の財政出費に対処するため, 貨幣改鋳 ,聖職者課税 ...

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』. この記事は 検証可能 な 参考文献や出典 が全く示されていないか、不十分です。. 出典を追加 して記事の信頼性向上にご協力ください。. フェリペ4世 (Felipe IV, 1605年 4月8日 - 1665年 9月17日 )は、 スペイン 、 ナポリ ・ シチリア の王(在位: 1621年 - 1665年 ) 、 ポルトガル の王(在位:1621年 - 1640年 ...

フィリップ4世が王位についた13世紀は、封建制の時代でした。. 王を中心に、公・候・伯・子・男の爵位によって階層的な身分に任命された貴族が、それぞれ領主として私的な領土を治める統治制度です。. 封建制における王の役割は、臣下である貴族たちに爵位と領土の支配権を認め、その代わりに貢物を納めさせ、戦に従軍するなど義務を課すことでした ...

フィリップ四世 (一二八五-一三一四) 治世下のフランスの統治構造 : バイイとセネシャル. 高山 博. 著者情報. 高山 博. 一橋大学経済学部. ジャーナル フリー. 1992 年 101 巻 11 号 p. 1883-1920,2048. DOI …

フィリップ四世 (一二八五-一三一四) 治世下のフランスの統治構造 : バイイとセネシャル The French Administrative Structure under Philip IV (1285-1314) : Baillis and Seneschals. フィリップ四世 (一二八五-一三一四) 治世下のフランスの統治構造 : バイイとセネシャル.

2019/11/29. 世の中は複雑なことばかりですが、超訳すると小学生の屁理屈にしか聞こえないようなことも多々存在します。. 特に歴史、さらに近世以前の場合はそんな話ばかりといっても過言ではなく……。. 1314年(日本では 鎌倉時代 ・正和三年)11月29日は、フランス王 フィリップ4世 が亡くなった日です。. ヨーロッパの王様には厨二的な二つ名がつきものですが ...

フィリップ2世(Philippe II, 1165年8月21日 - 1223年7月14日)は、フランス・カペー朝第7代の王(在位:1180年 - 1223年)。ルイ7世と妃でシャンパーニュ伯ティボー2世の娘アデルの子。フランス最初の偉大な王と評価され、尊厳王(オーギュスト、Auguste)と呼ばれた。

フィリップ 四 世 ⭐ LINK ✅ フィリップ 四 世

Read more about フィリップ 四 世.

mochaanaliz.ru
autodrive57.ru
razborkann.ru
upr-juzhnoportovaja.ru
freemp3s.ru
govnomotoservice.ru
stepenko.ru
sergeromanov.ru
clickhomecyprus.ru

Also looking for:


Comments:
Guest
The road to success is dotted with many tempting parking places.
Guest

School is a building that has four walls--with tomorrow inside.

Guest
Some people know lots more than they tell-- Some don't.
Calendar
MoTuWeThFrStSu